南三陸町仮設住宅建設の難しさ 町の中には高台に広い土地がない

印刷

   東北関東大震災で壊滅的な被害となった宮城県南三陸町。避難民のための仮設住宅候補地が発表されたが、その場所は海岸から800メートルしか離れておらず、津波の被害の衝撃を抱えたままの町民から激しい非難が出る騒動になった。2日後に建設地は隣の登米市に変更になったのだが、何があったのか。

   南三陸町の震災前の人口は約1万8000人で約5360世帯。それが今回の震災で2011年3月28日現在、400人が死亡、820人が行方不明、9700人が避難者になっている。死亡、行方不明者の数字は今後大幅に増える見通しだ。

「津波を思い出してしまう」「なぜ高台に作らないのか」

   宮城県は南三陸町の仮設住宅50戸の建設地を3月24日に発表した。同町志津川の清水小学校跡地だとわかると、町の避難民者から「津波を思い出してしまう」「怖くて眠れない」「なぜ高台に作らないのか」といった激しい抗議の声が挙がった。清水小は3年前に閉校し、今回の震災では津波にのまれた。

   なぜここが建設地に決まったのか。宮城県庁によれば、仮設住宅の建設候補地5ヵ所を南三陸町から提案された。その中で同町が特に希望したのが清水小跡地だったのだという。仮設住宅を一刻も早く建設しなければならない状況から、町の希望を入れて発表した、と説明する。

   しかし、発表した当日、県庁の担当者が建設予定地を訪れたところ、生活インフラが壊滅しているだけでなく、海に近く、津波の不安も避難者にあることを知った。

「ここに建設するのは無理だとわかりました。残りの建築候補地4ヵ所も見ましたが、インフラが完全に壊れていて、南三陸町には建設は難しいと判断しました」

と県庁の担当者は打ち明ける。なぜ清水小を候補地にしたのかについては、どうしても町の中に仮設住宅が欲しかったのではないか、と県庁の担当者は見る。混乱の中で、町が情報の収集ができなかったことも影響しているのかもしれない。

「うちの市に造ればいいじゃないですか」

   しかし、町の中には高台にあり、しかも住宅が建てられる広さの平地がほとんどない。そこへ、「うちの市に造ればいいじゃないですか」と声を掛けて来た人がいた。隣の登米市から来ていたボランティアだった。登米市に問い合わせてみたところ、仮設住宅の建設を快諾。その2日後の26日に県庁は登米市津山町に建設場所を変更すると発表、当初予定通り50戸を3月30日から着工することになった。

   登米市は70%から80%が山に覆われた山林の町。登米市役所住宅課によれば、仮設住宅が造られるのは同市津山町にある市の住宅分譲地。津山町は南三陸町に最も近い場所にあり、山を隔てているため津波に襲われる心配がない。水道、ガス、電気など生活インフラは今回の震災でも正常に機能しているという。

「仮設住宅を急遽引き受けたというより、南三陸町で何か災害が起こった場合に協力する事は昔から決まっていました。被災されている皆さんはできるだけ自宅から近い場所に避難したいと思っていますので津山町になったわけです」

と登米市の担当者は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中