難航する汚染水の排出作業 タンカーに収容するアイデアも

印刷

   深刻な事態に陥っている福島第1原子力発電所では、汚染水の排出作業が難航している。

   東京電力は2011年3月28日夕方、1~3号機タービン建屋外の「トレンチ」と呼ばれる地下トンネルで、放射性物質を含む大量のたまり水を新たに確認したと発表した。

   2号機のトレンチのたまり水からは、毎時1000ミリシーベルトの放射線が測定された。これは15分で緊急時の作業員の被ばく線量上限に達してしまう量だ。

1号機で3100トン、2号機で6000トン、3号機で4200トン

   トレンチから海までの距離は50~70メートルほどで、容量は1号機で3100トン、2号機で6000トン、3号機で4200トン。東電によれば、いまのところ放射線物質を含む水が海に流れ込んだ形跡はないが、水面の高さは地表面近くまで迫っている状態という。

   トレンチには冷却用の海水を循環させる配管などが通っており、建屋とつながっている。建屋の地下にも同じような汚染水がたまっている。

   東電は建屋内からの排水に必死だ。しかし、核燃料を冷やすために海水や水の注水作業を止めることはできない。注水を止めれば核燃料の温度は上昇し、燃料棒の溶融や原子炉損壊の危険性が高まる。東電は漏出を減らすため、27日夜、2号機の注水量を毎時約17トンから約7トンと最小限に減らしたが、その後燃料棒の温度は上がり続けた。

   枝野幸男官房長官は29日の会見で、「燃料棒が空だきのような状況になることは優先的に阻止しなければならない」と、注水作業を優先させる考えを示した。

   注水が続けば、漏れは続くと見られている。朝日新聞は29日の朝刊で、「このまま行けば、大量の放射能を海など外の環境に投棄せざるを得なくなる」としている。

「発電所内のタンクを総動員しても全然足りない」

   1号機では現在、放射能汚染水を建屋内の「復水器」で回収する作業が続いている。しかし、2、3号機の復水器(各3000トン)はすでに満杯の状態。まず、復水器の水を建屋外にあるそれぞれの「復水貯蔵タンク」(各約2500トン)へ移そうとしたが、すでに水が入っていて容量も限られている。

   そこで、復水貯蔵タンクを空にするため、さらに離れた場所にある「圧力抑制室用貯水タンク」(計6800トン)に水を移し替えることとなった。

   排水の手段はほかにないのか。東京大学大学院特任教授の諸葛宗男氏は29日朝のTBSの情報番組「朝ズバッ!」の中で、

「何千トンの水だから、発電所内のタンクを総動員しても全然足りないです。もう官邸の方では検討されているかもしれませんが、たとえばスーパータンカーを持ってきてその中にどんどん移していくとかそういうことをやらないと。それはもう東電で考えられる話ではないですから」

と提言した。ネット上でも、「タンカーを使うべきだ」との声が28日から出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中