ゼネコンの第1原発作業への派遣 「大手は大成建設のみ」の真偽

印刷

   福島第1原発事故の復旧作業について、「手がけているのは大手ゼネコンでは大成建設だけ」と産経新聞が報じた。大成建設は、同原発の建設やメンテナンスにはかかわっていない。同社社員30人と協力会社100人を現地に派遣しているという。

   産経新聞が2011年3月29日夕に配信した記事によると、東京電力からの要請を受け、人員派遣について「大成建設の山内隆司社長が決めた」。作業員らへの参加の意思を確認した上で派遣しているという。「大手ゼネコンで、福島第1原発の復旧作業を手がけているのは同社だけ」としている。

大成、130人を派遣

   大成側関係者に確認してみると、事故発生当初の早い段階で社員派遣が決定されたそうだ。130人が常時第1原発内で作業しているわけではなく、約20キロ離れた拠点から交代しながら同原発敷地内で、構内整地や仮設ポンプ接続などの作業にあたっているという。

   また、中堅ゼネコン数社も一時復旧作業に従事していたが「今は引き揚げた」とも説明した。この関係者も、産経報道のように「大手では大成建設だけ」が復旧作業にあたっているという認識だった。

   事態の収束に少しでも役立つことができれば、と会社として決断した模様だ。同社は福島第1原発の建設やメンテナンスには関与していない。もちろん、東電と無関係というわけではなく、東電の火力発電施設にかかわるなどしている。

   産経新聞の報道を受け、インターネットの2ちゃんねるなどでは、「ほかの大手ゼネコンは何してるんだ」といった書き込みがみられた。

鹿島側関係者は「社員、原発敷地内」

   鹿島建設は、福島第1原発の1号機から6号機までの基礎部分と建屋の施工を担当した。鹿島側関係者によると、鹿島建設も社員10人と協力会社作業員140人を第1原発から南側へ離れた拠点に派遣しており、3月22日に拠点入りしたという。同原発敷地内にも「社員が入っている」という。

   「大成建設のみ」の産経報道には不満をもっている様子もうかがえた。鹿島建設は、「東電の要請」に従って「資・機材の物流一式」を担当しているそうだ。ほかの大手ゼネコンも分担して作業にかかわっているとも話した。

   詳細ははっきりしないが、大手ゼネコン同士の「分担」のあり方や、「復旧作業」が原発敷地の内か外かの違い、敷地内作業への参加人数の違いなどをめぐり、認識のずれが出ている可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中