都民のボランティア受け付け 宮城でがれき撤去、掃除など

印刷

   東京ボランティア・市民活動センターは、被災地でボランティア活動をする都民を募集している。

   業務は、がれき撤去、屋内片付け、掃除などが想定されるが、参加の時期や活動場所により異なるため、現地に入った段階で調整するとし、当面は宮城県内での活動になるという。応募の条件は、現地の寒さに耐えうる防寒対策ができること、お風呂に入れないことやトイレ、食事などの不自由に耐えられること、説明会と事前ガイダンスに参加できることなどが挙げられている。参加希望者が多い場合は書類などによる選考を行うが、2011年4月5日から11日までの第1期と11年4月11日から17日までの第2期では、ボランティア活動経験者、3人以上のグループでの参加者、普通自動車が運転できる人が優先される。

   2011年4月2日に開催される説明会については定員の250人に達したため応募を締め切っている。次回の募集は4月8日ごろを予定している。詳細は公式サイトの募集要項で。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中