気仙沼湾の深さは十分 漁港復興へ朗報

印刷

   水深が深く天然の良港だった宮城・気仙沼湾は津波でどんな影響を受けたのか――。音波レーダーを使った大阪市立大学大学院の調査で、水深は逆に深くなっていることが分かったという(河北新報)。

   津波の引き潮が海底の砂や泥を押し流した結果と見られる。沈没した船を撤去すれば、湾がこれまで通り機能することが分かったわけで、漁港機能の一日も早い復興を願う気仙沼市民には朗報となった。

   4月3日、気仙沼市役所で記者会見した原口強准教授(地質工学)は「湾の幅が200メートル程度と最も狭い蜂ケ崎付近で、震災前より水深が10メートル増した。市魚市場前も6メートルの水深が維持されていた。一方で、岸壁が76センチ沈下した地点もあった」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中