今求められる「組織的なボランティア」とは

印刷

   2011年4月4日、「おはよう日本」(NHK)のコーナー「ここに注目!」で、解説委員の山﨑登氏による「組織的なボランティアを被災地へ」が放送された。

   東日本大震災の被災地では準備が整ったところからボランティアが入り始めているが、今回は個人だけでなく、企業や業界団体などがチームを作って行う「組織的なボランティア」が必要だという。

   今回の震災で壊滅的な被害を受けた地域では、ガソリンスタンドもない、泊まる場所も見つからないといった、非常に厳しい環境で活動しなくてはいけない。こうしたことから、自分たちの食料や水、車や燃料を持参して活動することが求められる。そのためには組織がバックにあるボランティアが必要だというわけだ。

   建設会社のチームが重機などを運転してがれきを片付ける、運送会社のチームが物資の行き届かない避難所へ仕分けや配送を行う、といったケースがこれに当たる。実際に宮城県気仙沼市では、11年3月28日からヤマト運輸が全国から寄せられる物資を避難所や集落に届ける業務を、ボランティアで請け負っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中