高級ホテル「シャングリ・ラ東京」 2週間休業、再開も「現段階では未定」

印刷

   5つ星クラスの高級ホテル「シャングリ・ラ東京」が、営業を見合わせて2週間が経った。新規予約やチェックインを受け付けず、営業再開も「現段階では未定」(広報)だという。

   「シャングリ・ラ東京」(千代田区丸の内)は、香港に拠点のある高級ホテルで、日本には2009年3月にオープン。JR東京駅に隣接する高層ビル「東京・丸の内トラストタワー」内の27~37階にある。ゲストルームは6室のスイートルーム含む200室があり、皇居の緑や丸の内近辺の街並みを一望できる。中でも、スイートルーム「プレジデンシャル スイート」は、Elite Traveler誌「世界のトップスイート101」に日本で唯一選出されている。

「社員の安心・安全を守るための本社の判断」

   また、ネット上のある口コミサイトでの評判は「ホテル全体がゴールドで統一されているのでいい気分。お部屋のカーテンもゴールドでステキ」、「部屋からの眺めは良く、ゆったり気持ちよく過ごせた」、「都心にいながらゆっくりとくつろげること間違いなし。客室も広々としており、のんびりと快適」など。書き込みのあった85件のうち、73件が同ホテルを「とてもよい/よい」と評価している。

   その「シャングリ・ラ東京」が、東日本大震災の影響から、「営業を一時見合わせることにいたしました」とwebサイトで発表したのは2011年3月21日。現在では、新規予約やチェックインを受け付けず、再開についてもめどがつき次第、追って連絡したいと書かれている。

   広報担当者は、取材に対し、ホテル休業について、「社員の安心・安全を守るための本社(香港)からの判断です。アジアやヨーロッパ出身の従業員もいて、心配している家族がいることからも、こうした措置がとられました。もうひとつの要因としては、(地震の影響で)食材やリネンについて物流に遅れが生じ、サービスの低下になってしまうからです」と説明する。

   お客からは宿泊希望の問い合わせがあるものの、営業再開については「現段階でも未定」と話している。

ほかの外資系高級ホテルは営業続ける

   こうした一時的な営業見合わせは、ほかの外資系高級ホテルでは行われていない。「ザ・ペニンシュラ東京」(千代田区有楽町)、「マンダリン オリエンタル東京」(中央区日本橋室町)はほぼ通常通り。「ザ・リッツ・カールトン東京」(港区赤坂)、「コンラッド東京」(港区東新橋)は一部のレストランでメニューに変更があるのをのぞけば通常に近い。「パーク ハイアット 東京」(新宿区西新宿)は一部のレストランやバーの閉店時間がはやまり、「ウエスティンホテル東京」(目黒区三田)は館内施設の営業日や時間を変更し対応している。それだけに「シャングリ・ラ東京」の休業が目立つ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中