セブン&アイが計28億円の義援金 伊藤名誉会長は10億円

印刷

   セブン&アイグループは、2011年3月13日から4月30日まで義援金の募金活動を実施しており、今回、3月31日までに集まった義援金を中間分として被災地へ贈ることを決定した。顧客や取引先、加盟店オーナー、従業員などから集まった総額は12億24万133円にのぼっている。

   また、セブン&アイ・ホールディングスからの5億円、同社名誉会長の伊藤雅俊氏からの10億円、会長の鈴木敏文氏からの1億円を合わせて被災した各県へ届けるという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中