堂本剛は祈祷師になったのか 「宗教的」公式サイトにファン困惑

印刷

   Kinki Kids、堂本剛さんの公式サイトが話題だ。アイドルらしからぬ壮大なデザインで、ネットでは「宗教みたいだ」といった反応が挙がっている。

   剛さんは2011年4月6日に、ソロでシングル「縁を結いて」をリリースする。それに合わせ、5日ごろ、公式サイトがリニューアルされた。

太陽の下に広大な大地、そこでうごめく人間たち

かなり壮大なサイトだ。
かなり壮大なサイトだ。

   上の方に激しく燃えて光を放つ太陽があり、下には広大な大地と渓谷が広がっている。大地にはオレンジ色の衣装を着た人間が蟻のように大量にうごめき、まるでSF映画のワンシーンのようだ。

   サイトトップには「SHAMANIPPON」という文字が書かれている。恐らく「SHAMAN(シャーマン、祈祷師)」と「NIPPON」を組み合わせたのだろう。サイトの説明文によると、剛さんの作った架空の国の名前なのだという。信じることで人の身体の中に現れる「直感力のくに」だとし、「さあ…入国を」と呼びかけている。ここで描かれている世界も「SHAMANIPPON」だと思われる。

   「SHAMANIPPON」公式ツイッターもあり、こちらも「お告げ中 割り込み 注意」「理屈では説明のつかない『美』が無数にあるということを魂は知っている」と意味深だ。剛さん自身が祈祷師になってしまったのだろうか。

活動は「本当の哀しみに出合った人を救うため」

   2ちゃんねるやツイッターで直ぐに話題となり、「宗教みたいだ」「何かを超越してる」「堂本剛はどこに向かおうとしているのか」といった書き込みが寄せられた。「今でも好きだけどこのサイトリニューアルは怖い」というものもあり、ファンも少し困惑したようだ。

   ただ、剛さんは大分前からアーティストとして独自の世界観を構築しようと意欲的に活動している。

   自分で作詞作曲をし、05年から「ENDLICHERI ENDLICHERI(エンドリケリー・エンドリケリー)」という不思議な名義で活動をスタート。08年には「244 ENDLI-x(ツヨシ エンドリックス)」という名義も使うようになり、サイトでは、「Weに縛られた世界から、Meにいまいちど戻り、Iを感じてみる」と哲学的なメッセージを発信していた。

   そして、今回リリースされた「縁を結いて」。2年前に神社で作った曲だといい、11年3月25日に音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演したときには、「自分を信じる力とか、そういうものを日本に届けたいなと思った」と思いを説明。

   4月6日発売の雑誌『an・an』(4月13日号)のインタビューでも、「本当の哀しみに出合った人を救うため」に活動を行っているとし「目の前にある不安、迷い、恐怖みたいなものを救うために、自分のからだから、自分の命があるうちにクリエイトしてリアライズしたい。それが僕の単純な生き方なんです」と意気込みを語っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中