森永乳業が「エンゼル110番」をフリーダイヤルに

印刷

   森永乳業は、東北6県を対象に、「エンゼル110番」被災地域専用臨時相談窓口(フリーダイヤル)の設置を決めた。

   「エンゼル110番」は、1975年に開設した無料の電話相談窓口で、妊娠中から学齢期まで、妊娠・育児に関する相談を受けている。開設以来36年間に寄せられた相談は国外からのものも含めて85万件を超しており、家族の抱えているさまざまな悩みや問題を聞き、保健師、管理栄養士、心理相談員らが問題を解決できるようサポートしている。

   通常は、通話料のみ相談者が負担しているが、今回の被災地域専用臨時相談窓口は、フリーダイヤル(通話料無料)で利用できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中