全国豆腐油揚商工組合連合会、大豆8100キロを被災地へ

印刷

   全国豆腐油揚商工組合連合会と関連6団体は2011年4月12日、被災地支援についての豆腐業界の取り組みを発表した。

   同連合会・団体は3月18日、大豆倉庫が津波の被害を受けた宮城県豆腐商工組合に大豆8100キロを届けた。また、関係者や組合店舗からの義援金窓口として「豆腐業界震災義援金講座」も設置。

   さらに、「がんばろうニッポン!豆腐でニッポンに力を!」というキャッチコピーと豆腐と大豆のキャラクターが描かれたイラストデータおよびシールを業界内に提供して、多くの国民が目にする豆腐から復興のメッセージを発信しつづけていくという。

   ちなみに5月15日には、同連合会が後援となった「豆腐で復興を支援!プロジェクト」実行委員会と恵比寿ガーデンプレイスの共催で「恵比寿 de 美活」と題したイベントを開催。豆腐セミナーや関東の地豆腐販売を行って、その収益を被災地の復興に役立てる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中