首都圏の大気中放射線量 茨城除きほとんど平常値範囲内に

印刷

   減少が続いている首都圏1都8県の大気中の放射線量が、茨城県を除いてほとんど過去の平常値まで落ち着いてきた。

   文部科学省のまとめによると、東京都新宿区の放射線量は2011年4月13日17時現在、毎時0.078マイクロシーベルト。過去の平常値0.028~0.079マイクロシーベルトの範囲内の数値となっている。

茨城県北茨城市も減少傾向

   群馬県前橋市も0.040マイクロシーベルト(平常値は0.017~0.049マイクロシーベルト)、神奈川県茅ヶ崎市でも0.057マイクロシーベルト(同0.035~0.069)と平常値まで落ち着いている。山梨県甲府市は3月末から平常値のままだ。

   栃木県宇都宮市は0.070マイクロシーベルト(0.030~0.067)、埼玉県さいたま市は0.061マイクロシーベルト(0.031~0.060)、千葉県市原市0.054マイクロシーベルト(0.022~0.044)と、いずれもほぼ平常値まで近づいている。4月1日時点では、栃木で0.089、埼玉0.078、千葉0.068マイクロシーベルトが計測されており、約2週間でそれぞれ0.01~0.02マイクロシーベルト減少が見られた。このまま行けば、数日中にも平常値まで収束しそうだ。

   茨城県内では平常値よりわずかに高い放射線量が計測されているが、こちらも減少が続いている。水戸市は平常値0.036~0.056マイクロシーベルトに対し、0.142マイクロシーベルトだった。県が発表している北茨城市の放射線量は13日17時現在、毎時0.316マイクロシーベルト。4月1日時点では0.581マイクロシーベルト、12日17時は0.324マイクロシーベルトだったことから、減少が続いていることがわかる。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中