啄木100回忌 震災犠牲者へ黙祷ささげる

印刷

   4月13日は歌人・石川啄木の命日、啄木忌。100回忌という節目は、大震災・大津波から立ち上がる動きの中で迎えることになった。

   啄木が少年時代を過ごした盛岡市玉山区の宝徳寺での法要の様子を地元テレビや新聞が伝えた。啄木は1912年(明治45)の4月13日、26歳の若さで亡くなった。法要には研究者や地元のファンなど110人余りが参列。東日本大震災の犠牲者へ黙祷を捧げた。

   地元の女性コーラス隊が、合唱を披露したほか、玉山吟詠会の人たちが啄木の歌を吟じた。講話では明治三陸大津波(1896年)の4年後に啄木が沿岸を旅し、三陸海岸を歩いていたことなどが紹介された。

   宝徳寺の隣にある石川啄木記念館では企画展が始まり、今回の津波で流された沿岸の啄木歌碑の写真が展示されている。来年は、啄木の没後100年、歌集「悲しき玩具」の発刊100年を迎える。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中