北里大の大船渡キャンパスは5年間閉鎖

印刷

   岩手県大船渡市にある北里大学の三陸キャンパスは2011年度から5年間閉鎖されることになった。柴忠義学長が4月18日、大船渡市役所を訪れ戸田公明市長に伝えた。

   三陸キャンパスは1972年に開設された。海洋生命科学部があり、約560人の大学生・大学院生が在籍しているが、震災を受けて全員が神奈川県のキャンパスに移った。

   北里大では、学生アパートの3割程度が津波被害にあったことなどを理由に、学生の安全などを考えて当初予定の4年より1年長い5年間にわたって三陸キャンパスを使用しない考え。学長は地元紙などの取材に「三陸キャンパスの閉鎖期間が5年以内に戻ることはない。建築から40年を迎える施設が4棟あり、立ち入りの禁止か取り壊しを検討している」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中