冷たい沢での洗濯から解放 避難所生活の現状【岩手・大槌発】

印刷

岩手県大槌町安渡地区現地レポート(4月10日~13日)


・避難者数
600人弱
避難所への避難者・・・小学校:270、寺:47、神社:71
民家避難者・・・古学校:91、惣川:81、小国家:20
全体的には減少傾向。


・居場所
寝たきりの人(4人)のいる「保健室」の衛生状態が改善される必要がある。
気兼ねしたくない、ペットがいる、等の理由で、校舎に入らず校庭の車で生活を続けている家族もいる。


・ライフライン
他の避難所も電気、水開通。
買物は、車で10分掛からない所にマイヤの臨時店舗。基本的な物は買える。


・電話
ドコモの携帯電話は、小学校で電波が入る。auも改善方向。
衛星電話は、通話無料。


・食事
栄養のバランスへの配慮までは難しい状況が続いている。
朝、昼、晩の3食、食事の準備ができると放送が入るので、「お盆」(段ボール箱を半分に切ったもの)に「マイカップ」を入れて行列に並ぶ。


・風呂
自衛隊の風呂は、車で15分くらいの所にある。
バスタオルやタオル、飲み物の支給を受けられる。お風呂は銭湯のような感じ。お湯は温かいけれども、「キレイじゃない」という声も。


・トイレ
水が出るようになったので、水槽からの水汲みは終了。
ただし、詰まり防止のため、相変わらず、小の時は紙を流さず袋に捨てる。
結っこから、「臭い防止」のスプレーが届く。
結っこからのポータブルトイレと、カーテンを設置。足の悪い人に伝える。

水が出る以前は水槽から水を汲んで持込んでいた
水が出る以前は水槽から水を汲んで持込んでいた

・洗濯
洗濯機稼動開始。毎朝冷たい沢水で家族の衣類を洗っていたお母さん達に、喜び。

小学校近くの沢で洗濯していたお母さんたち
小学校近くの沢で洗濯していたお母さんたち

(>>現地レポートの続きは以下の「ゆいっこ花巻支部」のブログでご覧ください)
http://hanamaki.yuicco.com/?eid=154
http://hanamaki.yuicco.com/?eid=155


ゆいっこは民間有志による復興支援組織です。被災住民を受け入れる内陸部の後方支援グル―プとして、救援物資やボランティアの受け入れ、身の回りのお世話、被災地との連絡調整、傾聴など精神面のケアなど行政を補完する役割を担っていきたいと考えています。
岩手県北上市に本部を置き、盛岡、花巻など内陸部の主要都市に順次、支部組織を設置する予定です。私たちはお互いの顔が見える息の長い支援を目指しています。もう、いても立ってもいられない───そんな思いを抱く多くの人々の支援参加をお待ちしています。
■ホームページ http://yuicco.com/
■ツイッター @iwate_yuicco

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中