仕事に夢持てない新入社員 先輩たちはどうしているのか

印刷

   東日本大震災による未曾有の被害と、福島第1原子力発電所の事故で先の見えない不安が漂うなか、2011年4月に社会人となった新入社員。厳しい就職戦線を勝ち抜いて社会へと巣立った若者たちだが、その心理は複雑なようだ。

   インターネット調査のマイボイスコムが実施したアンケートによると、今年の新人の過半数が仕事へ夢を持てないのだという。どういうことなのだろうか。

社会生活長くなるうちに夢失う

ドキュメンタリー番組が月曜日の活力に
ドキュメンタリー番組が月曜日の活力に

   マイボイスコムのアンケートでは、「新入社員がどのように情報を得て、何に関心があるのか」に焦点を当てつつ、情報源としてのテレビについて新入社員を含むビジネスマンがどう関心を寄せているかを探っている。

   まず、新入社員が仕事に対して夢を持っているか、との問いに対して「持っていない」との回答が56.7%に上った。アンケートが実施されたのは、2011年度が始まる前の3月18~21日。入社前にもかかわらず2人に1人以上が、社会人生活に夢を見いだせていなかったことになる。

   厚生労働省が3月18日に発表した、2011年2月1日現在の大卒予定者の就職内定状況は77.1%で、過去最低の水準だった。調査には東日本大震災の影響による内定取り消しは含まれておらず、実際の就職率はこの数字を下回った可能性がある。「超氷河期」と呼ばれた就職活動を乗り切るなかで、仕事に対しても「夢を追う」よりも現実的な視点で臨んでいるということかもしれない。

   同じ質問を先輩ビジネスマンに投げかけたところ、「仕事に夢を持っていない」との回答は77.7%と、新人よりも21%高い結果となった。数字を見る限りでは、新人で「夢を持っている」と答えた人でも2年、3年と社会人として毎日を送るうちに夢を失っていくようだ。

「情熱大陸」「夢の扉」「ソロモン流」見るとやる気が出る

   アンケートでは、先輩ビジネスマンが「こんなテレビ番組を見れば新人は夢を持てるはず」と勧めているものを紹介している。トップ5にはすべて、ドキュメンタリー・教養を扱う番組が並んだ。一方、新人が「見るとためになる」と考えるテレビ番組も、ドキュメンタリーが上位に並ぶほか、ニュース・報道番組も日々の貴重な情報源となっていることが、アンケート結果からうかがえる。

   さらに、先輩ビジネスマンの「活力源」となっている番組も挙げられた。「週末に見るとやる気が出るテレビ番組」で回答が多かったものにも、ドキュメンタリー・教養が並ぶ。トップは「情熱大陸」(TBS)で、「夢の扉」(同)「ソロモン流」(テレビ東京)がこれに続いた。「夢の扉」は4月10日から「夢の扉+(プラス)」としてリニューアル。情熱とビジョンをもって未来を切り開こうとチャレンジする人々を取り上げる内容だ。

   新人も先輩社員も、現実社会ではなかなか夢を持てないと考えるだけに、テレビ番組に期待するものは多いようだ。新入社員はテレビに「挑戦」「夢」「情熱」を、先輩ビジネスマンは「希望」「挑戦」「夢」を求めているという。これらのテーマを扱った番組が人気を集めているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中