標準電波の送信再開 電波時計も利用可能に

印刷

   独立行政法人・情報通信研究機構は2011年4月21日、日本の標準時電波を発信している「おおたかどや山標準電波送信所」(福島県田村市)からの電波送信を暫定的に再開したと発表した。福島第1原子力発電所の事故で、周辺地域に避難指示が出されたことで、3月12日夜から停波していた。

   これにより、同送信所から送られる電波を受信していた電波時計は、正常に機能するようになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中