アップルの「求む!出版経験+MBA」 「こんな人材いるのか」ネットで話題

印刷

   アップルジャパンの求人情報が話題を集めている。ネット上ではスキルへの要求が「ハードルが高いのでは」との声も出たが、専門家は「このクラスならふつう」だと指摘する。

   話題となっているのは、アップルジャパンのwebサイト内にある採用情報のうち、「iBooks Manager」の募集要項だ。iPad/iPhone向け電子書籍リーダー「iBooks」に関わる仕事。職務内容はすべて英語で書かれている。

望まれる「マルチ能力」

   iBooks Managerは、主として日本における書籍ビジネスの構築を担う。コンテンツ戦略のほかには、社員とのコミュニケーション力やリーダーシップも求められる。優れたプロジェクトの管理力や調整能力はもとより、国内、海外の出版業界の動向への理解も必須だ。日本での業務が基本だが、米国の本社に出張することもある。

   求めるスキル、教育、経験の欄には、BA(=Bachelor of Arts:文学士号)とBS(=Bachelor of Science:理学士号)のどちらかが必要で、MBA(経営学修士号)の所持も望ましいとある。さらに8~10年の出版業界での経験、2~5年のオンラインメディアでの業務経験、ビジネス会話レベルの英語力、国際的な業務経験が条件として挙げられている。

電子書籍の本格化で求められるプロフェッショナル

   この求人はネット上でも話題になった。「出版業界経験、オンラインメディアの経験があるMBAホルダーって日本に何人いるのでしょう?」「いるのかその人材。いやまあ、いないから欲しいんだろうけど」「出版社とWebメディアの経験とMBAとビジネス英語&日本語ネイティブ、と超厳しいけど楽しそう」などと書き込まれ、その課せられている条件が注目された。

   年収1000万円以上のハイクラスな求人情報を扱っている「ビズリーチ」の代表・南壮一郎さんによると、マネージャーとは、会社によってもまちまちだが、課長クラスに当たるという。リーダーとして業務を引っ張り、実務を行っていく人材だ。諸々の条件が挙げられているが「このクラスならふつう」だと南さんは指摘する。米国の本社との連携があるから、英語が話せることは当然必要となる。ただ、話題になった「MBAが望ましい」という記述については「あれば望ましいという域を出ないと思います。それよりもこの場合、出版やオンライン経験の方が重要でしょう。電子書籍が本格化していることからプロフェッショナルな人材がほしいのでは」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中