避難所での3000万円配布 「不公平」の声に自治体困惑

印刷

   宮城県石巻市などの避難所で、西日本出身と称する男性たちが総額で3000万円以上を配って歩き、話題になっている。市は「トラブルの原因になる」と困惑しているが、どうなのか。

「被災者がその場にいたりいなかったりしてトラブルの原因になりますので、『義援金としてお願いします』とお断りしました。しかし、避難所8か所のうち、6か所ではそのまま体育館などに入ってお金を配られたと聞いています」

石巻市には「不公平だ」と苦情

   石巻市災害対策本部の連絡室担当者は、取材に対し、困惑した様子で話す。

   その説明によると、男性2人ずつが2011年4月20~22日にかけて避難所を回り、市職員らに「早くお金がほしいと困っている人がいると聞いて」とその趣旨を説明した。身なりはきちんとしていたといい、配った避難所内では、1世帯に1つ3万円入り茶封筒を置いていった。中には、1つの避難所で、200万円、500万円に上るところもあった。男性たちは、名乗らなかったものの、身分を「西日本有志の会」「西日本小売業協会」と明かした。

   避難所以外では、同市の牡鹿・河南総合支所にも2人ずつ現れた。そして、牡鹿では、世帯数分の約170通、計約500万円を「配って下さい」と言って窓口に置いていった。河南でも、数百万円分あったという。避難所も含め、総額で3000万円ほどにも上る計算になる。

   一方、現金配布を聞いた市民からは、市に苦情が5、6件寄せられた。「なぜ避難所の人だけなのか。親戚などに身を寄せている人もいるのに、不公平だ」といった内容だったという。市の連絡室担当者も、「義援金なら、被害の程度によって公平に配れます。トラブルが起きないか対応に苦慮しているんですよ」と明かす。

   これに対し、ネット上では、現金配布が「不公平」という考えに疑問を呈する向きも多い。

市が預かった現金は専門家と協議して対処決める

   2ちゃんねるの書き込みをみると、「混乱を招くだけ」「他の避難所にいたから貰えなかったでは気の毒だよ」と否定的な見方もある。しかし、現金配布は不公平との考えについて、「自分たちの所に来なかった有名人ボランティアに対しても不公平だとか思ってるのかな」「ただ運が無かっただけだろ?」と異論が相次いでいる。

   また、現金配布についても、「義援金が迅速に配られないからこんなのも出てくるんじゃないか」「現地に届けるならこれが一番確実だな」と共感する声も多いようだ。

   石巻市災害対策本部の連絡室では、現金配布について、別の不安も指摘する。

「ほかの自治体では、支援センターにリンゴがいっぱい届いて、ボランティアだと思ったところ、500万円の請求が来たという話も聞いています。今回の現金配布も、本当に篤志の心からなら、ありがたいことです。しかし、後から、『一時貸しただけだから、利子を付けて返せ』というようなことにならなければいいのですが…」

   男性たちの人物像やどんなお金かが分からないところが怖いという。市が預かった現金は、義援金として処理するか、そのまま保留にするかなどを法律の専門家と協議して対処を決めたいとしている。

   なお、一部報道によると、同じ宮城県では、南三陸町に2011年4月22日、男性5~6人が現れ、町の災害対策本部に約1000万円分を置いていったという。女川町でも23日に男性たちが現れたという情報もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中