富士重工、ボランティア休暇制度を新設

印刷

   富士重工業は2011年4月25日、東日本大震災の復興ボランティアへ参加する従業員を支援する「ボランティア休暇制度」を新設したと発表した。対象は会社が認めたボランティア活動に参加する正規従業員で、期間は2012年3月31日まで。

   ボランティア休暇は1回につき最大10日間、年2回まで取得できる。週末の休日と合わせれば1回に最大16日間の活動が可能。休暇中は最初の5日目までは有給、6日目以降は無給だが、年次有給休暇の適用ができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中