震災で百貨店の売上げは記録的落ち込み

印刷

   日本百貨店協会が2011年4月26日に発表した3月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月に比べて14.7%減の4624億円となった。統計を取りはじめた1965年以来、2番目の減少率となった。東日本大震災と東京電力の計画停電による営業時間の短縮に加えて、自粛ムードも影響した。

   地震の影響が大きかった仙台市は61.1%減、仙台を除く東北地方は33.3%減だった。関東も東京21.5%減、横浜21.7%減と大幅に落ち込んだ。貴金属品や美術品などの高額商品(20.8%減)や婦人服(20.9%減)の落ち込みが大きかった。

   一方、日本チェーンストア協会によると、3月のスーパーの売上高(既存店ベース)は前年同月比0.3%増の1兆105億円だった。2か月連続で前年実績を上回った。カップ麺やミネラルウオーターなど食品のまとめ買いが多く、売上げに貢献。食品部門は3.5%増だった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中