湯西川温泉「伴久ホテル」が破産手続き

印刷

   栃木県の湯西川温泉で300年近い歴史を持つ「伴久ホテル」が、2011年4月25日に宇都宮地裁から破産手続き開始決定を受けていたことがわかった。帝国データバンクの調査によると「伴久ホテル」は客室数109室、収容人数550人で、「オシャレゆかた」という浴衣1300種類を取り揃え、女性に人気の高い宿として知られていた。

   05年2月期には約14億1400万円の売り上げがあったが、長引く不況により10年2月期は約9億8000万円まで落ち込んだ。設備資金等の借入金が年商の約3倍に膨らみ、11年3月の東日本大震災から営業自粛を余儀なくされたため事業継続を断念した。負債は推定30億円。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中