「もう真央に勝てない」といわれた 安藤美姫逆転優勝の秘密

印刷

   女子フィギュアスケート世界選手権で安藤美姫が優勝し、4年ぶりに世界女王の座を奪回した。それもキム・ヨナ(韓国)を逆転で下しての快挙だった。これで冬季ソチ五輪に向けての「日本の顔」にも返り咲いたことになる。

視聴率でもロイヤル・ウェディングに勝つ

「自分のスケートのスタイルを変えずにやってきた。それへの神様のご褒美かな」

   2011年4月30日、安藤は試合後に、そう振り返った。五輪女子マラソンでメダルを獲得したとき「自分で自分を褒めてあげたい」と言った有森裕子の言葉を思い出させた。ここ3年ほど低迷していただけに感慨はひとしおだったようだ。

   その演技はテレビ視聴率でも優れた数字を記録した。逆転優勝を決めたフリーの視聴率は、大手のリサーチによると関東29.3%、関西18.3%、そして地元名古屋では35.4%だった。関東では瞬間最高35.5%をマークした。

   第1日のショートプログラムでは、キム・ヨナに次ぐ2位。やはりキム・ヨナの演技は際立っており、「さすが世界No.1」の声が高かった。そんな状況で迎えたフリー。見事、ひっくり返して、日本女子が目指した「打倒キム・ヨナ」を果たした。その意味で価値ある優勝だった。

   この日は英国王室のロイヤル・ウェディングの中継もあった。同じくテレビ視聴率は関東23.5%、関西23.4%だったから、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式をしのいだことになる。いかに日本ファンが安藤の頑張りを支持したかが分かる。

「イケメン」コーチが「精神面の支え」

   ここ2、3年、日本の女子フィギュアスケートは、ずっと浅田真央が第1人者のように扱われてきた。安藤は確かに2007年から2009年まで勝つことから遠ざかっていた。それどころか若い村上佳菜子の台頭もあり、注目度は下がっていた。

「安藤時代は終わった、安藤はもう浅田に勝てないだろう-と見られていたことは事実です」

   スケート担当記者はそう明かしている。それだけにここへきての強さは驚きである。彼女に何があったのか気になる。ひとつのヒントは外国人コーチの存在だ。

「彼女は安定した演技をすることができた。だから勝てた。また、彼女は(精神的に)強い選手だ」

   優勝をこうたたえたニコライ・モロゾフがそのコーチ。五輪金メダリストの荒川静香から紹介されたといわれる人物だ。いわゆる「イケメン」で、ソフトな感じを与える。「安藤の恋人か」。そううわさされる男性でもある。

   安藤は十代から注目された。二十代にさしかかったころに勝てなくなった。それを支えたのがニコライ・コーチだった。「技術面の指導」だけではなく「精神面の支え」でもあったのだろう。

   大会中、東日本大震災の被災者に向け「元気を与えたい」と勝負に臨んだ。プロ野球で仙台を本拠とする星野仙一監督率いる楽天イーグルスは「野球の底力を見せよう」と激励したが、安藤も思いは同じで、さしずめ「女の底力」を示したといえる。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中