対巨人クリーンナップ本塁打3連発 阪神「優勝伝説」再来なるか

印刷

   阪神にとって2011年5月3日の巨人戦(東京ドーム)は今シーズンを象徴する日になるかもしれない。3連続ホームランなど、ちょっとした記録ずくめだった。勝負の世界では、振り返ったときに、必ずキーポイントになっている出来事がある。

ライバル巨人の前で3つのグッドニュース

   この日は憲法記念日。東京ドームは4万5000人を超える観客で埋まった。阪神は大観衆の前で派手な記録を次々とやってのけた。

   第1は「兄貴」こと金本知憲の今季1号ホームラン。この一打は43歳1か月の年齢で放ったもので、セ・リーグ最年長ホームランとなった。これまでは現中日監督の落合博満が巨人時代にマークした42歳8か月。15年ぶりの更新だった。ちなみに日本プロ野球記録は45歳5か月(東映・岩本義行)。

   続いて3連続ホームラン。鳥谷敬、新井貴浩、クレイグ・ブラゼルが右に左にかっ飛ばしたもので、プロ野球ならではの醍醐味たっぷりのシーンだった。年に1、2度あるかないかの出来事だ。阪神では2010年8月の広島戦に次ぐ通算9度目で、ホームランはチームが勢いに乗る最高の特効薬である。

   第3は先発したサウスポー能見篤史の対巨人戦8連勝だ。これは梶岡忠義、小林繁に次ぐ球団史上3人目だった。前2人はともにタイトルホルダー。能見にもチャンス到来といえよう。

たった1度の日本一を思い出させる主軸の3連発

   その3つの記録の中で最大注目は3連続アーチ。キーワードは「3、4、5番のクリーンアップトリオ」。1985年、やはり巨人戦でランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布の主軸トリオが放っている。このときはそろって地元甲子園のバックスクリーンに叩き込むという豪快なもので、「伝説の3連発」と名高い。

   なによりも、阪神はこの年、セ・リーグ優勝を果たし、日本シリーズにも勝った。そのときのリーグ優勝は、実に21年ぶり。さらに日本一は後にも先にもその1度だけという劇的なものだった。

「3連発はすごい。盛り上がる。(85年を)思い出したね」

   阪神の真弓明信監督はさすがに声を弾ませた。85年当時は、1番打者で「切り込み隊長」の役割を果たし、優勝に大きく貢献した。監督としてゲンのいい、気分のいい試合だったはずである。

   3連発を聞いた現オリックスの監督岡田は「3人目のホームランが大変なんだよ」。85年の5番打者は、2連続本塁打の後の大変なプレッシャーを知る者ならではのコメントをした。

「優勝への予感がする」「歴史は繰り返す」

   阪神ファンは早くも盛り上がっている。3連発は「優勝へのノロシ」というわけである。かつてのニックネーム「ダイナマイト打線」の再現といわんばかりで、プロ野球にとっても大いに湧く豪打だった。

   大震災のためプロ野球の開幕が伸びた。巨人の本拠地、東京ドームでの今季第1戦がくだんの阪神戦だった。

「われわれにとって(地元開幕の5月3日は)特別な日だった。勝負の世界はいろいろある。(3連発など)ああいうこともね」

   巨人の原辰徳監督は冷静に振り返った。悔しくないはずがない。翌日の試合は終盤に追いついてサヨナラ勝ち。実力のほどを見せた。

   2010年のセ・リーグは阪神2位、巨人3位。両チームはクライマックスシリーズ第1ステージで対戦し、巨人が2連勝して勝ち上がった。阪神は雪辱の意気に燃えている。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中