NY「イエローキャブ」採用の日産車 地元市民は「不格好」と厳しい評価

印刷

   日産自動車のミニバンが、米ニューヨーク市のタクシーとして採用された。「イエローキャブ」と呼ばれる黄色い車体のタクシーが、2013年後半から順次日産車に切り替わる。

   市当局の選考により、競合した2社の製品よりも優れた乗り心地や低燃費といった点が評価された結果だが、地元市民からは早くも「見た目がカッコ悪い」など厳しい意見も出ている。

ブルームバーグ市長絶賛「最も安全で快適」

日産車が「ニューヨークの顔」になる
日産車が「ニューヨークの顔」になる

   マンハッタンを黄色のタクシーが走る光景は、ニューヨークの名物といえるほどだ。ニューヨーク市当局の要請で、タクシーの車体が黄色に統一されたのは1967年。違法営業のタクシーと区別する意味合いがあった。

   現在ニューヨークでは、米フォード製の大型セダン「クラウン・ビクトリア」がイエローキャブとして最も多く使われているが、2011年内に生産中止となる。そこで市当局が中心となってタクシー会社や個人事業主、運転手らと協力して2007年、「タクシー・オブ・トゥモロー」というプロジェクトを開始。ニューヨークの次世代のタクシーを選ぼうと、日産を含む自動車メーカー各社に呼びかけ、選定作業を進めていた。

   その結果選ばれたのが、日産「NV200」の1車種だ。これまでは16車種がイエローキャブとして使われていることと比べると対照的だ。最後まで争ったフォードとトルコのメーカー「カルサン」を破って独占契約を勝ち取った。日産の発表資料によると価格は1台あたり2万9000ドル(約232万円)。ニューヨーク市内には1万3000台以上のタクシーがあるため、全車が日産製に一新されれば総額で3億7700万ドル(約302億円)に達する一大プロジェクトとなる。

   ニューヨークのマイケル・ブルームバーグ市長は米国時間2011年5月3日の記者発表で日産「NV200」を、「ニューヨークの歴史上最も安全で快適、便利なタクシーになる」と絶賛。市内で1日60万人が利用するタクシーの選考に当たっては、市民の声を重視したと強調した。

   また日産は、同社が開発した電気自動車「リーフ」も投入して、将来ニューヨークで「電気自動車タクシー」の実現を目指す試験も実施するという。

4ドアセダンから「ミニバン」への戸惑い

   しかし、4ドアセダンのタクシーが一般的だったニューヨークでは、全車が「ミニバンタクシー」に統一されることへの戸惑いがあるようだ。ニューヨークのタクシー情報サイトやツイッターをのぞくと、日産「NV200」は「見た目がカッコ悪い」「(フォード製)クラウン・ビクトリアこそニューヨークのシンボル」「これからは地下鉄に乗る」「高額すぎる」と評価は散々だった。

   米経済誌「フォーチュン」電子版は5月5日、「ニューヨークの『タクシー・オブ・トゥモロー』は大いに改善の余地あり」とのコラムを配信した。市当局の交通政策を批判する内容だが、筆者はその中で日産に対して「これからマスコミの激しい取材攻勢や、政治家からのおせっかいな忠告、タクシー運転手や個人事業主からの不平不満の嵐にさらされるでしょうね」と皮肉をこめてこう指摘している。座席のカバーの質や、運転席と後部座席を仕切るプラスチック製の板にも難癖をつけて、「(NV200のような)ミニバンやSUVタクシーには、よほどのことがなければ乗らない」と宣言している。

   米ウォールストリートジャーナル紙(電子版)は5月3日付の記事で、日産1社の選定について大手タクシー会社から不満が出ており、また「NV200」が車いすの利用者にとって不便なつくりになっていると身体障害者の支援団体から指摘されている点を挙げた。体の不自由な乗客に対応する台数が十分にそろわなければ、米国の身体障害者法に違反する可能性もあるという。新たな「ニューヨークの顔」となるうえで、日産は改善が求められそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中