「ソニー・ブランド」米国で急降下 「個人情報流出」延べ1億人分に

印刷

   ソニーのオンラインゲーム関連の個人情報流出事件で、米子会社のPC向けオンラインゲームの利用者約2460万人について、個人情報が流出していたことが新たに明らかになった。これまでに明らかになった分とあわせると、延べ人数で1億人分以上の個人情報が流出するという異例の事態で、米国でのソニーのブランドイメージは急降下している。

   ソニーのオンラインサービスをめぐっては、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の米国法人が運営する「プレイステーション・ネットワーク」(PSN)と「キュリオシティ」のシステムが外部からの不正アクセスを受け、約7700万人分の個人情報が流出した可能性がある。ソニーは両サービスを5月末までに復旧させたい考えだだが、5月9日になって、別のグループ会社にあたるソニー・オンラインエンタテインメント(SOE)が運営していたPC向けオンラインゲームのシステムが4月16日から17日にかけて不正侵入を受け、約2460万人分の個人情報が流出した可能性が浮上した。情報流出の被害が延べ1億人に及ぶ可能性も出てきた。

情報公開の遅れに批判も

   一連の情報流出事故で、海外からの批判も高まっている。例えばAP通信は、

「ソニーは、ネットワーク侵入の対応をめぐり、厳しい批判にさらされている。同社は、ネットワーク上の異常な動きに対する調査を4月19日に始めたにもかかわらず、情報流出について4月26日まで消費者に知らせなかった」

と対応の遅さを指摘。対応の不備をめぐる集団訴訟が行われていることを紹介している。

   実際、消費者の「ソニー離れ」も進んでいるようだ。調査会社の英ユーガブ(YouGov)社が米国の18歳以上の消費者に対して行ったブランド認知度の調査によると、事件が起こるまでは、ソニーは家電メーカーの中ではベスト3に入っていた。ところが事件後は、アップル、LG、ヒューレット・パッカード(HP)、コダック、デル、サムスンの後塵を拝しているという。具体的には、事件前には30.6ポイントあった「ソニー」ブランドのバズスコア(関心度を示す指標)が、事件後は13.6ポイントに急落。「プレイステーション3」ブランドのバズスコアも、12.6ポイントから3.9ポイントに下落した。

   一方、任天堂の「Wii」は、19.6ポイントから29.8ポイントに大きく得点を伸ばしている。

ゲーム利用者の過半数「これからも使い続ける」

   ただし、実際のゲーム利用者のレベルでは、風当たりは、そこまで強くないようだ。

   米USAトゥデー紙が、ゲームコーナー「ゲームハンター」で行った調査では、3割以上が「ソニーが個人情報を保護してくれるとは信用できない」と回答。ソニーに対する不信感が浮き彫りになった形だが、2100人以上いる回答者のうち54%が「これからも、プレイステーション3や、(携帯用ゲーム機の)プレイステーションポータブルをネット上を使い続ける」とも回答している。

   同紙が紹介した利用者の声の中には、

「顧客情報を扱う企業であれば、どこでもこの種の事故は起こっただろう」

といったソニーに同情的なものがある一方で、

「これからは、自動的に『ソニー=高品質』ということにはなりにくい。これから、ことあるごとに(今回の)事件を思い出すことになるだろう」

と、今後はソニーのサービスを利用することに慎重にならざるを得ないとの声もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中