英語の先生、アメリカから帰ってきた

印刷

   福島第1原発事故で米国に一時帰国していた福島県田村市の外国語指導助手が戻ってきた。5月16日から市内の小、中学校で英語の授業を再開した。あらためて教壇に立つのは留任5人と新任3人の計8人の米国人講師。5人は米大使館の原発から半径80キロ圏への退避要請を受けて3月中旬、一時帰国を余儀なくされた。

   福島民友によると、再来日に尽力したのは学校法人若草学園の牧公介理事長だった。牧さんは講師の帰国後も原発事故を報じる新聞記事の内容を伝え続けた。「日米の報道内容を比べてもらい、正確な情報から田村は安全だと理解してほしかった」と牧さん。講師たちは心配する家族や友人を説得し、再び日本の地を踏んだ。

   講師の一人、トラビス・ハウエンさんは「日本に戻れて本当にうれしい。指導に全力を尽くしたい」と意気込みを語っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中