仙台平野、1000年に一度の大津波だった

印刷

   仙台平野は約2000年前にも今回の東日本大震災による津波とほぼ同規模の津波に襲われていたことが、東北学院大の松本秀明教授(地形学)らの調査・研究で分かった。これとは別に仙台平野は貞観津波(869年)にも襲われている。松本教授は「『1000年周期』と断定はできないが、結果的に1000年に1度、大津波が来ていたことになる」と指摘している。

   5月15日、仙台市で開かれた東北地理学会で発表された。

   仙台市教委と松本教授は2007年、当時の海岸線から約2キロの「沓形(くつかた)遺跡」(若林区)の発掘調査で、約2000年前の津波に襲われた水田跡を発見。この時期の海砂の層を調べ、当時の津波がどこまで到達したかを推定した。

   海砂の層は最も奥で海岸線から約2.5キロまで到達していた。このことから、弥生時代の津波は内陸3.3~4.1キロまで達したと推定された。一方で、今回の津波が運んできた堆積物の調査では、海岸線から約3キロまでは砂だったが、その先はより粒子が細かい泥が堆積していて、両者の堆積の様子はほぼ一致した。

   過去のさまざまな研究によると、慶長津波(1611年)など、仙台平野は数百年に1度の割合で津波に襲われているとみられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中