年金削減へ政府からも「圧力」 東電「考えていない」でいいのか

印刷

   福島第一原子力発電所の事故に伴う損害賠償の補償金を確保するために企業年金の削減を求める声があることに対して、東京電力の清水正孝社長は「(社員の)老後の生活に直結する問題で、現時点では考えていない」と明らかにした。

   この発言は反発を呼び、政府からも事実上削減を迫られている。

日本航空は現役5割、退職者3割を削減

政府の「圧力」に、東電はどう動く?
政府の「圧力」に、東電はどう動く?

   東電は、数兆円ともいわれる賠償金の支払いで国からの公的資金による支援を受けるが、そのスキームづくりに伴い大規模なリストラを政府から迫られていた。

   公的資金ももとは国民の税金。リストラなくして国民の理解は得られないのだから、当然だ。

   ところが、政府がスキームを発表した当日でもある2011年5月13日の衆院予算委員会で、リストラ策として企業年金の削減について、みんなの党の中西健治議員に聞かれ、清水社長は「考えていない」と明言したのだ。

   東電のリストラ策の「甘さ」は、政府から再三指摘されていた。当初は最大50%の役員報酬のカットや保有する不動産の売却などの合理化方針を発表。政府から「国民の理解を得られない」とされ、5月分から役員報酬を返上。このほか、社員給与の20%カットや2012年の新卒採用の見送りを明らかにした。

   それでもなお「甘い」と、企業年金の削減措置の検討を求められていたにもかかわらず、である。

   企業年金の削減には、東電社員3万6000人と退職者1万人超、それぞれ3分の2の同意が必要なので、実現のためのハードルは低くない。それでも、経営破たんして公的資金を受け入れた日本航空も、現役5割、退職者3割の削減に応じている。

政府から「圧力」 東電どう動く?

   菅直人首相は5月13日の予算委員会で清水社長の発言を受けて、「国民の納得が得られるかどうか、東電できちんと判断してほしい」と、改めて減額を要請した。

   菅首相は東電の補償金支援について、「(スキームは)東電を救済するものではない」と話し、枝野幸男官房長官も「電気料金であれ、税金であれ国民に転嫁せずにやっていくことに最大限努力する」と、国民負担を極力抑えることを強調している。

   こうした政府の「圧力」に、東電は「スリム化については年金の件を含め、政府からいろいろな意見をうかがっているところです。決定している事実はありません」(広報部)とコメント。同社は5月20日に決算発表を予定しているが、「そのときにはお話できるようにしたい」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中