難民とともに行う被災地支援ボランティア

印刷

   NPO難民支援協会(JAR)は、難民とともに行う被災地支援ボランティアを募集している。JARが週2回程度出しているバスで東京から岩手県花巻市に向かい、4泊から17泊の期間(応相談)、岩手県陸前高田市で支援活動をする。

   花巻にはJARのスタッフが常駐しており、そこでキャンプ生活を送りながら被災地支援を行うことになる。東京から花巻の往復バス代、花巻から被災地の往復バス代、作業に必要な道具(長靴、軍手、マスク、ショベル等) 、キャンプ道具(テント、寝袋、キッチンセット等)、ボランティア保険はすべてJARが負担する。

   参加者の国籍は問わない。これまでの活動には外国人留学生も参加しているという。ボランティア説明会を継続的に開いており、次回は2011年5月26日14時と19時、東京・四谷にある岐部ホールにて。詳細はJARのウェブサイトで確認できる(英語による説明も併記)。JARの篠山さんは「難民のなかには特殊な事情をかかえている方もいらっしゃいます。そういった事情を理解してもらうためにも説明会には必ず出席していただくようにしています」と話す。

   JARは通常、日本にいる難民のサポートをしている。東日本大震災後、首都圏で暮らす難民に安否確認をしたところ、「自分たちは大丈夫。むしろ被災地を支援したい」という声があり、それにこたえて実現させたのがこのボランティア。普段あまり知られていない難民について、広く日本社会に理解してもらうきっかけにもしたいという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中