借金を相続してしまう! 被災に追い討ちの恐れ

印刷

   東日本大震災で肉親を亡くした被災者が、借金相続という新たな悲劇に襲われている、と岩手日報が伝えている。それによると、岩手県内では経営者の家族が最大1200万円の借金を背負った例もあるという。死亡を知った日から3か月以内に手続きすれば相続放棄できるが、期限は刻々迫っている。

   津波で亡くなった山田町の60代の社長の場合、経営する会社への金融機関からの借り入れが2400万円あった。この会社の借金は、連帯保証人の妻が1200万円、3人の子どもが400万円ずつ自動的に相続することになる。

   岩手弁護士会によると、不動産や預貯金と同じく借金も自動的に相続される。しかし、家族が借金の存在を知らされていなかったり、津波で書類が流されていたりして、相続事実を知らないケースが多いという。

   死亡を知った日から3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の手続きをすれば借金の相続は避けられる。さらに津波で書類などが失われて相続の有無も分からない人は、相続放棄の期間延長を申し立てることもできる。ただし、手続きせずに3か月を過ぎると、救済手段も失われるという。

   宮古ひまわり基金法律事務所の小口幸人弁護士は「相続人に該当する人は早めに相談を」と呼びかけている。 岩手弁護士会の無料電話相談は0120-755-745。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中