田んぼ1枚だけの田植え 川内町で「コメ作り守る」

印刷

   コメ作付けの実質放棄を強いられた福島県川内村で、あえて田んぼ1枚だけの田植えに挑んでいる農家の胸のうちを、5月23日の河北新報が伝えている。

   2007年には県を代表して皇室にコメを献上したこともある専業農家の秋元美誉(よしたか)さん(67)。川内村は福島第1原発事故を受けて、国と県がコメの作付けを控えるよう求めた「緊急時避難準備区域」に指定されている。それでも田植えを行ったのは「実際に作らなければ、どれだけ(放射能の)影響が出るか分からない。机上の論理で来年も駄目と決められかねない」との思いから。収穫したコメは公的機関で分析してもらう考えだ。 50年間、コメ作りを続けてきた。1.2ヘクタールで有機無農薬米、1.8ヘクタールで低農薬の特別栽培米、といった具合に。今年は出荷しないから、作付けはこの田1枚25アールだけだ。

   村内のコメ農家で「作りたい人はたくさんいたけれど、みんな諦めた」。村商工会長の井出茂さん(56)は「異論もあるが、秋元さんは川内のコメ作りの灯を守った。地域の復興に必ずつながる」と激励する。

   田植えを終えた秋元さん。「やっぱり気持ちがいい。補償するから休め、なんて百姓には酷だよ」

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中