AKB48総選挙大島優子逃げ切れるか メディアの予想は「前田優勢」

印刷

   アイドルグループ「AKB48」の次回シングル「センター」をかけた「第3回AKB48選抜総選挙」が2011年5月24日からスタートした。25日夜に発表された開票速報だと、トップは連覇を狙う大島優子さんになっている。ところが大方の予想は、現在2番手の前田敦子さんが優勢で、「圧勝」との見方もあるほどだ。

   投票開始から1日が経った25日、同日付の開票速報が発表された。

前回19位の指原莉乃が7位に浮上

   上位陣は、

1位:大島優子(前回1位)2位:前田敦子(前回2位)3位:柏木由紀(前回8位)4位:高橋みなみ(前回6位)5位:渡辺麻友(前回5位)

   となっている。

   次ぐ3番手候補と予想された板野友美さん(前回4位)が8位に留まり、またヘタレキャラの指原莉乃さん(前回19位)が7位に浮上するなど波乱含みの幕開けとなったものの、首位争いに関しては大島さんが連覇に向け、順調なスタートダッシュを切った形だ。

   もっとも24日の投票開始を受け各メディアが発表した「予想」は、「前田優勢」が大勢を占める。

   投票サイト「gooランキング」で実施された予想投票では、前田さんが総投票数26180票のうち、実に11190票を獲得。次点の大島さんに2倍以上の大差をつけた。25日付のサンケイスポーツの予想でも「1番人気」だ。

「結局は前田が1位でしょ」

   前田さんは6月4日公開の「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で映画初主演。6月22日にはソロデビュー、7月からは主演ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~」が始まるなど大々的に売り出されている。今回のシングル「Everyday、カチューシャ」も「もしドラ」の主題歌。別格と言っていいほどの露出を誇るだけに、ネット上でも「結局は前田が1位でしょ」といった冷めた声が少なくない。

   なおJ-CASTテレビウォッチで実施している「AKB48予備選」では、それまで首位を独走していた前田さんを大島さんが急追。僅差でトップを奪うなど、26日現在、公式の開票速報と同様の接戦を演じている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中