都民ボランティア12期募集、活動は6月10日から

印刷

   東京ボランティア・市民活動センターは2011年5月31日10時から、東日本大震災被災地支援都民ボランティア12期募集を始める。活動期日は6月10日から16日まで。参加費はボランティア保険料1400円のみ(既加入者は不要)。

   活動期間がゴールデンウイークにあたった第5期の募集では申し込みが殺到し、受け付け開始からわずか12分で締め切っているが、センターの担当者によれば、5月中旬ごろからは応募が落ち着いてきたという。先週募集した第11期は、80人の定員に達するまでに1日半かかった。センターでは減少傾向が続くと見ており、大学や企業に声をかけ、広報活動に力を入れる。

   同センターの実施している都民ボランティアは、30代、40代が大半で、学生は1~2割程度だそうだ。担当者は「以前よりも若干、年齢層が上がっている印象があります」と話す。被災地では依然、支援が足りていない。学生や20代の若者にかかる期待は大きい。都民ボランティアは第13期以降も継続していく予定だ。

   募集要項・応募は以下のページから。

   東日本大震災被災地支援都民ボランティア12期募集要項

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中