「ポンパレ」も500円券を100円で販売 「持ち出し」覚悟の狙いはどこに

印刷

   全国のマクドナルドで使える商品券「マックカード」をクーポン共同購入サイト「グルーポン」が額面より安く売り出して話題になったばかりだが、リクルートが運営する「ポンパレ」も、同様の取り組みを始めた。消費者にとっては非常に「お得」な一方、企業からすれば、どう考えても「持ち出し」だ。どんな狙いがあるのか。

半月で77万枚が成約

キャンペーンは6月7日11時59分まで行われる
キャンペーンは6月7日11時59分まで行われる

   「お得だ」などとして話題になっているのが、2011年5月17日正午から「ポンパレ」上で

「話題のあのバーガーやフライドポテト、シェイクなどのお好きなメニューに利用できる!全国のマクドナルド店舗共通『マックカード500円分』を、80%OFFの100円でご提供」

   と題して行われている企画。500円分の商品券を、1人1枚限定で100円で購入できるというものだ。送料もリクルートが負担する。当初は5月31日の11時59分で販売を終了する予定だったが、好評だったため、6月7日11時59分まで延長された。最終的な販売予定枚数は明らかにしていない。

   6月下旬から順次発送される予定だが、現時点で77万枚が成約。メール便を使うなどして送料を50円と見積もったとしても、1枚あたり450円の「持ち出し」になる計算で、現時点でも、企業側は約3億5000万円近い負担を強いられる。そこまでする理由はどこにあるのか。

3月には「グルーポン」でも似たキャンペーン

   リクルートの広報部では

「サイトを多くの人に理解・利用してもらうことが目的。先方(マクドナルド)と話し合った上で、リクルートの企画として行っている」

と説明。ただし、どの企業が費用負担をしているかについては明言しなかった。キャンペーンにマックカードが選ばれた理由についても、

「何かと比べて検討したわけではないが、キャンペーンの性質からして、『多くの人が色々と使えて、喜んでもらえるもの』を選んだ」

と説明。とらえ方によっては「マックカードを配ることに狙いがあるのでは」との見方も出そうだが、サイト上には

「日本マクドナルド株式会社は、本プロモーションのスポンサーではありません」

との注意書きも掲載されている。

   11年3月にも、グルーポンが「500円のマックカードを100円で売る」という同様の取り組みを行っており、グルーポンも

「日本マクドナルド株式会社様のプロモーションとは一切関係ございません。また、日本マクドナルド株式会社様の提供・協賛によるものでは無い為、事前協議は行っておりませんが、マックカードの手配についてのお問い合わせはさせて頂いております」

と、やはりクーポンサイトがキャンペーンを企画したことを強調している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中