阿部祐二、復帰後の初仕事 夫婦顔合わせのハプニング

印刷

   日テレ系「スッキリ!!」リポーターの阿部祐二さん(52)が、交通事故入院・自宅リハビリ3か月を経て仕事に復帰した。恐妻家としても知れられ、復帰後初仕事のプロポーズコンテスト取材で早速ハプニングがあった…。

   「事件です!」で知られる阿部祐二さんは、なんと震災発生13時間前に事故に巻き込まれたのだった。

「プロポーズの言葉コンテスト」

ブログで経過を報告
ブログで経過を報告

   仕事を終え帰宅途中の2011年3月11日未明、乗っていたタクシーに横から乗用車が突っ込んだ。タクシーはそのままスピンして電柱に激突し、阿部さんは、首の第2頸椎の骨を折って全治3か月の重傷を負った。頭も17針縫うほどのけがだった。

   復帰した阿部さんは、6月2日放送の「スッキリ!!」で、以前とほとんど変わらない元気な姿を見せた。横を向くときにゆっくりした動きになるが、痛みはないという。取材に出るときには、「復帰した~」と雄叫びを上げていた。

   阿部さんは、もともと俳優・モデルだったが、阪神・淡路大震災でリポーターの仕事に目覚めた。それだけに、今回の震災取材に加われなかったのは悔しかったようだ。

   復帰後の初取材は、東京都内であった「全国プロポーズの言葉コンテスト」。阿部さんは、コンテストを取材するとともに、なんと自らも「緊急参加」した。妻でプロゴルファーのまさ子さん(50)に、結婚23年目にして初めてプロポーズするというのだ。

   その背景には、阿部さんが恐妻家であることがあるという。

   同じ日テレ系で10年3月21日に放送された「行列のできる法律相談所」で、阿部さんは、財布の中や飲み会の場所までまさ子さんに監視され、朝食には納豆しか出してもらえない結婚生活を明かした。そして、番組の「気の毒な夫」ナンバー1決定戦で、チャンピオンにまで選ばれている。結婚のプロポーズも、「恐妻」の勢いに押されて、その機会を失ったということらしい。

「恐妻家」とはいえ意外と亭主関白?

   阿部祐二さんは、コンテストのあいさつでも、その恐妻家ぶりを明かした。夕食や風呂についても、まさ子さんが大切に育てている2匹のトイ・プードルが優先され、自分が後になるという。そして、23年間の結婚生活について、「まるで僕の権利というものがないんです」「夫としての立場がない」と訴えた。

   交通事故に巻き込まれたときも、まさ子さんに報告しないとまずいと思ったらしい。意識がなくなっていたにもかかわらず、まさ子さんに携帯電話をかけていたというのだ。後で発信履歴を見て分かったそうだ。

   そこで、阿部さんは、こんなプロポーズの言葉をコンテストで発表した。

「ママ!天国でもね僕らはつながってたみたいよ!どうぞこれからも支配してね」

   この言葉には、会場から苦笑も漏れた。しかし、番組のサプライズで、まさ子さんが阿部さんに内緒で招待され、会場内に潜んでいた。そして、まさ子さんは「はーい」と手を上げると、壇上に歩いていって、阿部さんを驚かせた。そして、「天国行っても、見張ってます」と笑顔で応えたのだ。

   とはいえ、阿部さんは、入院中にまさ子さんが毎晩手作りの夕食を作るなど献身的に看病してくれたことを明かしている。今回のプロポーズは、それに感謝を捧げたいというのが動機だった。

   とすると、阿部さんは、家庭では意外と亭主関白なのかもしれない。まさ子さんは、夫が好きなあまり、拘束しているだけということだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中