次の首相本命不在のレース 枝野、前原、野田、自民なら石破

印刷

   菅直人首相(64)への不信任決議は否決されたが、退陣の時期を巡り民主党内でも反発が強まり、「菅おろし」が再び勃発する様相で、「次の首相は誰か」への関心も急速に高まっている。

   「次の首相にふさわしいのは」の緊急調査トップは、自民党の石破茂・政調会長(54)――。日本経済新聞は2011年6月3日、日経電子版読者を対象にインターネット調査した中間結果(3日0時まで)を報じた。菅首相の「退陣意向表明」を受けたものだ。

日経の中間結果「ダントツ1位石破氏」

菅首相の「次」は誰か。
菅首相の「次」は誰か。

   日経調査によると、ダントツの1位は石破氏(852票)、2位は前原誠司・前外相(49歳、530票)、3位は「その他」(525票)、4位は小沢一郎・元民主党代表(69歳、521票)だった。具体名は与野党の13人が挙げられており、3位が「その他」だったことについて、記事では「人材不足を嘆く声も多くみられた」としている。

   石破氏を選んだ人からは、「政策通」「信用できそう」といった声が挙がっているそうだ。

   朝日新聞(6月3日付朝刊)の分析記事では、「若返りなら」野田佳彦・財務相(54)、「自民党との大連立なら」仙谷由人・官房副長官(65)が有力視されているとの見立てだ。岡田克也・幹事長(57)や原口一博・前総務相(51)は、内閣不信任決議案をめぐる対応について批判を受け、「出遅れたという見方がでている」と指摘している。

   野田氏の評価が高い理由として、政策路線が引き継がれることや「演説のうまさや面倒見のよい性格」を挙げている。「脱小沢」派だが、「小沢氏に近い参院議員」も野田氏なら支持できると話しているという。

   競馬予想のように、二重丸や丸印を使って分析を披露したのはサンケイスポーツだ。デスク予想の1位は枝野幸男・官房長官(47)、2位は前原氏。政治評論家2人の予想も載っており、それぞれの1位は前原氏と鹿野道彦・農水相(69)。つまり3人とも1位予想が異なっている。

時事通信調査、2位は枝野氏

   内閣不信任案騒動の直前時点の世論調査では、例えば時事通信が5月20日に報じた結果によると、1位は石破氏(9.7%)、2位は枝野氏(8.7%)だった。

   以下、民主党議員では前原氏(3位)、小沢氏(4位)と続く。自民では石原伸晃・幹事長(54歳、6位)、谷垣禎一総裁(66歳、9位)、小泉ジュニア、進次郎・衆院議員(30歳、10位)ら。他党では、舛添要一・新党改革代表(62歳、同率7位)、渡辺喜美・みんなの党代表(59歳、11位)といった顔ぶれも登場している。

   名前が挙がっている面々は、どの調査・分析でも概ね同じだが、「衆目の一致する」候補はまだいないようだ。想定外の人物が躍り出る可能性もある。

   東日本大震災の被災地、岩手県のある避難所の男性に「次の首相」問題について聞いてみた。この男性は、「今は菅さんがいいとか悪いとか、次は誰かとか議論してる場合じゃない。腹が立つ。今をどうするか、やるべきことはたくさんある」と話した。

   また、この男性は「岩手の大物がいるでしょうが」と小沢氏のことを持ち出した。今は「首相を変える」などとやっている場合ではなく、現状でも小沢氏は活躍できるはずだ、という。「今(復興支援で)活躍せんでどうする、という話に周りでなってる」そうだ。

<*><*><*><*><*><*><*><*>

J-CASTニュースでは、独断で選んだ5人による「次の首相は誰が良いか」につい て、「1クリック投票」を行っています。ふるってご参加下さい。

次の首相は誰が良いか
石破茂
枝野幸男
小泉進次郎
原口一博
前原誠司
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中