「良い経験で良かった、で終わらないよう」 石川遼、全米オープンへ意欲と不安

印刷

   2週連続で予選落ちするなど不調が続くプロゴルフの石川遼選手(19)が2011年6月7日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、「良い経験で良かった、で終わらないようにしたい」と、近く開幕する全米オープンへの意気込みを語った。ただ、「どれだけ叩きのめされて帰ってくるのだろうか」と、不安をのぞかせる一幕もあった。

   石川選手は冒頭、「あまり英語が上手くないので、ここからは日本語で話したい」と、比較的流ちょうな英語であいさつ。会場の笑いをさそった。

勝つための第1歩、第2歩としてとらえる

日本外国特派員協会で講演する石川遼選手
日本外国特派員協会で講演する石川遼選手

   質問は6月16日に米メリーランド州で開幕する全米オープンに集中した。入賞の目標については、

「出場権を得られたことについては、すごくほっとしている。だが、49位、ギリギリで出場権を得られた立場としては、(自分の)実力というものが上位とどれだけ差があるかを痛感している。出場できるということについては、ものすごくわくわくしているが、『どれだけたたきのめされて帰ってくるのだろうか』という気持ちも反面ある。とにかく今は、日本国内で練習して試合に備えたい」

と、謙虚な受け答えに終始。

   さらに、

「今回のUSオープンに関しては、いつか勝ちたいという気持ちがあるので、そのための勝つための第1歩、第2歩としてとらえている。決して『良い経験で良かった』で終わらないように、『勝つためには、こういうことが必要だった』ということまで、自分で理解して肌で感じて帰ってこられるように、上位を目指してプレーしたい」

と、今大会では成果を出せないとしても、長いスパンで成果をあげたい考えだ。

「すごくいい調整はできている」

   この2週間の不調ぶりについては、

「ゴルフはミスと戦っていくもの。そのミスをどうリカバリーするかというと、グリーン周り、アプローチとパット、これがすごく重要。だが、この分野で、この2週間、自分自身精彩を欠いているというか、どうしても悪いサークルに入っている。カップに入れたくなると、逆にどんどんボールがカップから遠ざかっているという悪い連鎖がある。これと2週間戦ってきた」

と釈明。その上で、

「今週1週間トーナメントはないが、すごくいい調整はできている。全米オープンに向けて手応えを感じている。この1年間終わったときに、『ああ、予選を2週連続で落ちた週もあったなあ』ぐらいで追われるシーズンにしていければ、全く問題ない」

と、やや強気な見通しを披露。会場の拍手を浴びていた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中