福島原発・吉田所長は「英雄」か 「気骨ある」「持ち上げ過ぎ」に二分

印刷

   福島第1原発の吉田昌郎所長(56)は「英雄」なのか。東京電力本店の意向に逆らうことも辞さない「気骨ある」人物として持ち上げられる一方、「英雄視するのはおかしい」と冷めた見方も出ている。

   「現場の最高指揮官として命かけたんだね。現場は生きるか死ぬか」。吉田所長の「独占インタビュー」を伝えた情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系、2011年6月7日放送)で、司会のみのさんは、吉田所長の判断や行動について、こう感心してみせた。

勲一等か国民栄誉賞もの?

東電の信頼回復への道は遠い。
東電の信頼回復への道は遠い。

   みのさんのコメントは、3月12日の「海水注入、実は中断せず」問題に関するものだ。菅直人首相の思惑を忖度した東電本店が、すでに始めていた原子炉への海水注入を中断するよう吉田所長に指示を出し、実行されたことになっていたが、実は吉田所長の判断で注入は続行していたことが5月末になって分かったのだ。「正しい判断だった」(東電の武藤栄・副社長)と評されている。

   吉田所長をめぐっては、注水問題以前から、「現場を大切にして本店に逆らう」こともある、現場の信望を集める「気骨ある」指揮官として紹介されていた。「日本の運命を握るヨシダという男」(週刊現代、5月7・14日合併号)などの記事が続いた。

   特に、注水問題を巡って吉田所長の処分問題が浮上した際には、インターネットのツイッターなどで、吉田所長擁護論が沸騰した。「吉田所長が私たちを守った」「所長は日本の恩人」などと処分方針を批判する声が相次いだのだ。

   枝野幸男・官房長官にいたっては、吉田所長について「秋まで政権が続いていれば勲一等か国民栄誉賞ものだ」とオフレコで語ったとも伝えられている(週刊現代、6月11日号)。

   一方、新聞には吉田所長に批判的な見解が少なからず載っていた。例えば朝日新聞の社説(5月28日付)では、「所長の判断には理解できる面がある」としながらも、事後に本社に伝えるべきで、「結果的に正しい判断だったとしても、政府や東電の発表内容に対する信頼が大きく損なわれた」と指摘した。

「指揮命令系統めちゃくちゃに」

   またネットでも、「吉田所長英雄視」に疑問の声が少なからず出ている。注水問題に関連しては、「命令違反は命令違反」「これを許すと指揮命令系統がめちゃくちゃになる」といった声だ。

   注水問題を離れても、吉田所長が東電の執行役員である点などから、今回の原発事故を防げなかったことへの責任の一端がある、との見方が以前からある。「こいつが普段から点検などやってないせいで放射能撒き散らしたんだけど」といった意見が2ちゃんねるなどに並んでいる。

   吉田所長を「英雄視」するかどうかはともかく、「吉田氏が辞めることはあってはならない」と訴える現場関係者もいる。福島第1原発の現地で作業員らを診察した、愛媛大大学院教授の谷川武医師は6月1日の会見で、吉田所長交代論に反対する考えを表明した。

   「(所長が)彼だからついていく、という人が危機的な状況の後も残った」「吉田さんのもとで頑張ろう、というのがほとんどの方の気持ちだ」と、谷川医師は現場関係者の気持ちを代弁した。

   東京電力は6月8日午後、福島第1原発の1、2号機の中央制御室が停電になったと発表した。原子炉への注水は継続中だが、いまだに不安が残る状況が続いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中