「被災地に音楽を」 日本フィル、避難所でボランティア演奏会

印刷

   「被災地に音楽を」を合言葉に日本フィルハーモニー交響楽団は、東日本大震災で被害を受けた地域の避難所や学校などにメンバーを派遣し、ボランティアの演奏活動を続けている。すでに岩手県、福島県を中心に20か所以上でミニコンサートを開いており、2012年3月11日まで活動を継続する。

   日本フィルは阪神・淡路大震災の際にも、現地で演奏会を開くなどのボランティアを行っている。音楽活動が被災者を励ますものとして強く心に残り、それが今回の運動につながった。

   日本フィルでは、メンバーを被災地に派遣するための交通費・宿泊費などの寄付を募っている。また、演奏ができる会場や場所などの情報提供も呼びかけている。振込先・連絡先は、日本フィルのホームページで。

   この運動は仙台フィルハーモニー管弦楽団と協力して進めており、宮城県では仙台フィルが直接避難所を訪ねてのコンサートをボランティアで行っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中