義援金配分なぜこれほど遅い 3か月もたって総額の15%だけ

印刷

   東日本大震災で日本赤十字社などに寄せられた義援金は2500億円以上に上るが、そのほとんどが被災者の手元に届いていないことが分かった。震災発生から3か月たっても全体の15%ほどだ。

   集まった義援金は、被害状況に応じて15都道県に配分された後、市区町村を通じて被災者へ届けられる。しかし、スピードよりも公平性を重視した配分方法、その事務処理を行う自治体の職員不足などが障害となり、配分の遅れを招いている。

仙台市役所1日の処理たったの30件

   厚生労働省によると2011年6月3日までに集まった義援金は約2514億円。そのうち都道県に送金されたのは32%の約823億円。都道県からは約9割が市区町村に送られているが、被災者の手元へ届いたのは義援金全体の15%、約370億円にすぎない。

   日赤などの団体からなる「義援金配分割合決定委員会」は4月7日、都道県への第1次配分基準を、死亡・行方不明者は1人あたり35万円、住宅全壊・全焼や原発からの避難者は1世帯あたり35万円、半壊・半焼は18万円とした。被害想定を大きく見積もり過ぎた結果、1件あたりの支給水準が低くなり、義援金が大幅に余る結果となった。

   また、公平性を重視したため、建物の被害認定といった事務処理に時間がかかってしまう。そのため、被災地となった地方自治体では人手不足になり、今回の遅れにつながった。

   6月6日放送のNHK「ニュースウォッチ9」によれば、同じ宮城県内でも被害の大きかった気仙沼市が支給対象者の約60%に支給できているのに対し、仙台市では約3%にしかすぎない。気仙沼市役所では職員が開発した罹災証明発行用の独自システムが力を発揮したが、仙台市役所では事務作業に当たることができたのはわずか8人で、システムも無駄が多く、1日の処理件数は30件ほどだった。

「金額を一律にすべき」と小泉議員主張

   6月6日の第2回義援金配分割合決定委員会では、日赤などに残った約1691億円のうち、被害が膨らんだ場合の保留分を除き、1000億円以上を第2次配分の対象にすると決定した。

   自民党の小泉進次郎衆院議員は5月末の衆院震災復興特別委で、「義援金をまず手元に届けるには、配り方をよりシンプルにするのが1番良い」とし、配分方法について「金額を一律にすべき」と主張した。しかし、決定委員会では宮城県などの被災県が、公平性を求めてこの案を拒否。死亡・行方不明、住宅全壊に対し、半壊はその半分と算定するなど、1次と同じ割合で都道県に配分することとなった。

   義援金配分が遅れている事実を受け、細川律夫厚生労働相は6月7日、「義援金を拠出してくれた方々、被災者の方々の気持ちを考えると、とにかく早くお手元に届くということが大事だ」と語り、遅れている自治体の体制調査をしたうえで、「職員が足りないということであれば、職員をそこに派遣してお手伝いをしていただく」とした。

   これに対し、「3か月たってやっと調査か」と呆れる声も多い。宮城県の沿岸部在住で、「車、実家、職場がなくなった」という女性はツイッターでこう語る。

「遅い!すでに地方自治体の職員が手伝ってくれています!でも、まだ足りない。国の職員はなぜ来ないと冷たい目でクールビズのニュースを見てました」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中