「海外公演」それとも「政界進出」 AKB48総選挙後の「次の一手」

印刷

   AKB48の3回目の「総選挙」は、前田敦子さん(19)が大島優子さん(22)を振り切って1位の座に返り咲くという結果で幕を閉じた。だが、この総選挙をはじめとする、いわゆる「AKB商法」が今後長続きするかも不透明で、「次の一手」を打たざるを得ない情勢だ。

   総選挙の「投票券」の役割を果たすシングルCD「Everyday、カチューシャ」は、2011年6月5日時点で、145万3000枚を売り上げている(オリコン調べ)。だが、1人で数千枚を購入して「推しメン」と呼ばれる、自分が支持するメンバーに大量に投票するケースも伝えられている。こうしたことから、「AKB商法」のいびつさを指摘する声も多い。

政治家、作曲家、作詞家、シナリオライターなど出てくる

   逆に言えば、この「『会いに行けるアイドル』をファンが支援する仕組み」が、AKB人気を支えているとも言える。12万2843票を獲得して2位になった大島さんは、事実上の敗戦の弁を述べる中で、

「この票数、『(CDを)1人何枚も買って、本当に総選挙と言えるのか。選挙は、1人1票じゃないか』。いろんなこと、AKBのまわりは言います。ですが、私たちにとって、票数というのは皆さんの愛です。私たちは、愛されて、こんな大きいステージで、こんな大きい武道館で、こういうイベントをやることができます」

と、批判に反論すらしている。

   だが、さすがに「現状維持」とはいかないのも事実で、ファンからは、様々なアイディアが出ている。例えば、フジテレビのワイドショー「とくダネ!」が、総選挙会場でファンにアンケートしたところ、

「世界進出して、売り上げ枚数でマイケル・ジャクソンを抜く」
「少女時代やKARAなどの外国アーティストとコラボする」
「『AKB党』で、政治に打って出る」

といった声があがっている。このアンケート結果を見せられた総合プロデューサーの秋元康さんは、

「AKBとしては動かないが、この中から政治家を目指すメンバーが出てくるかもしれない。 AKB自体が学校みたいなもの。そのうち、作曲家や、作詞家、シナリオライターなど、もっと広がっていく」

と、「卒業生」の将来の幅広い活躍に期待を寄せる。ただ、AKB48自体の今後の展開については、

「僕自身は分からない。AKBはある意味、ファンがアイドル、スターをつくるので、送り手側の事情だけでは、できない」

と、慎重だった。

韓国タレントと違い、海外で永続的に売れることはない

   「会いに行けるアイドル」という、現状の距離感を維持することが大事だとの見方もある。J-CASTニュースモノウォッチでもコラム「音盤見聞録」を担当している加藤普(かとう・あきら)さんは、この距離感を「隣のお姉ちゃん」と表現。

「歌やダンスが下手なのは問題ない。それよりも、ファンとの距離ができることが問題だ」

と見る。ソロでのCM出演やCDデビューを果たすなど、活躍の幅を広げたものの、4位から8位に大きく順位を落とした板野友美さん(19)を例に、

「ファンからすると、『手が届かなくなった』という感じが大きいのでは。近寄り難い雰囲気が敬遠された面もあるでしょう」

と分析している。「スター化」は、逆に嫌われるということのようだ。

   では、「海外に打って出る」プランについてはどうか。実際、今回に総選挙は、韓国、台湾、香港の映画館でも中継されているし、11年5月からは、シンガポールでの定期公演も始まっている。だが、加藤さんは、

「『となりのお姉ちゃん』というのは、非常に日本的な考え方。東南アジアや、東アジアの人が求めているのは、やはり『スター』なので、そのままの形で売れることはないのではないか」

と否定的だ。韓国の少女時代やKARAとの違いも大きい。

「少女時代やKARAは、韓国にとって輸出品目のひとつで、いわば国策のようなもの。売れることが大前提。だが、AKBはそんなことはなくて、うまくいかなければ引き上げればいい。気合が入っていない分、そのままのやり方では、海外で永続的に売れることはないでしょう」

と、日本市場に特化するのが安全だとみている。

AKB48メンバーで政治家になって欲しいのは誰?
前田敦子さん
大島優子さん
柏木由紀さん
高橋みなみさん
指原莉乃さん
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中