福島原発2号機 浄化装置を稼動

印刷

   東京電力は2011年6月11日、福島第一原発2号機原子炉建屋内の放射性物質の濃度を下げるため、浄化装置を2台設置し稼動させた。装置は2~3日運転させ、濃度が下がれば、次は建屋の扉を開放し湿度を下げる予定。2号機は、建屋の湿度が高く、復旧作業が難しい状況が続いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中