仙谷官房副長官、6月下旬が菅首相辞任のタイミング

印刷

   仙谷由人官房副長官は2011年6月12日のフジテレビの報道番組で、週内にも予定されている民主党の両院議員総会が「一つの節目になるだろう」と述べ、菅直人首相が退陣時期を明確にすることもあり得るとの認識を示した。

   また、東日本大震災の被災地視察のために訪れている仙台市で、今年度の第2次補正予算案編成について、「本格的な復興予算になるので、与野党の広い枠組みで共同作業でやっていくのがいい。首相は課題を引き継げばよいのではないか」と、予算案は後継首相が当たるべきとも話し、6月下旬が辞任のタイミングとの見方を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中