「フラガール」の甲子園、秋葉原で開催決定

印刷

   高校生によるフラダンス(フラ)の全国大会「第一回フラガールズ甲子園」が、2011年9月4日、東京・秋葉原の「アキバ・スクエア」で開催されることが決まった。

   当初は映画「フラガール」の舞台・福島県いわき市で、福島、宮城、埼玉、鹿児島などから13校が参加して3月23日に行われる予定だったが、東日本大震災が起きて見送りとなっていた。その後もいわき市内での開催を模索していたが、会場候補地が避難所となるなどの事情で断念、東京での開催となった。

   大会では各校3~30人がチームを組んでダンスを披露し、基本動作やチームワークなどを競う。3月の大会に参加予定だった高校に連絡を取っており、また東京の高校などから新たに出場希望の問い合わせが来ているという。

   実行委員会では、「被災地の参加校の中には、メンバーが転校して離れ離れになったところもあるけれど、そういう人も元の高校のチームで参加してもらおうと思っている。震災後のこの時期に、みんなの絆と、高校生らしいはつらつさを見せてほしい」と語っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中