電力会社社員を次々に惨殺 「不謹慎ゲーム」サイトが閉鎖 

印刷

   実際に起こった事件を題材にしてゲーム化する、いわゆる「不謹慎ゲーム」がたびたび問題化するなか、電力会社を取り上げたゲームが波紋を広げている。ひたすら社員とおぼしき人物を惨殺するという内容で、批判が出たためか、ゲームが掲載されていたサイトは、現時点では閉鎖されている。

   「不謹慎ゲーム」の代表格としては「地下鉄サリンゲーム」が知られているほか、最近では、ブッシュ前大統領に靴を投げつけるゲームが注目を浴びた。

冒頭に社員殺害を正当化するメッセージ

問題とされているゲーム。刃物を持ったプレーヤーが登場人物を切りつける
問題とされているゲーム。刃物を持ったプレーヤーが登場人物を切りつける

   今回問題となっているのは、「ファイナル・ブレイカー(FINAL BREAKER)」と題したゲームで、2011年6月14日頃に公開されたとみられる。「フラッシュ」と呼ばれるソフトウェアで作成し、ブラウザ上で遊ぶことができる。

   ゲーム冒頭には、

「―2039年、全国に拡散した放射能の影響で人口の3分の2が死滅した。生き残った人々も白血病と癌を発病しあと数年で滅びる運命にあった。彼らが生き延びる為には電力会社社員とその家族から移植用の臓器を摘出するしかない」

と、電力会社社員を殺害することを正当化するメッセージが表示される。

   ゲームの内容自体はきわめて単純で、刃物を持ったプレーヤーが、エレベーターホールや食堂、休憩室など社内のあらゆる場所で、登場する人物を「ネジ込み」「ブッ刺し」「9条ナイフ」といった方法で切りつけるというもの。人物を切りつけると血を流して倒れるが、プレーヤーが攻撃されることはない。

最後に登場する場面は「会長室」

   ゲームの最後に登場する場面は「会長室」。そこに登場する白髪の人物を切りつけると、これまでに殺害した人数ともに

「おめでとう。会長の殺害に成功しました」

というメッセージが表示され、ゲームは終わる。

   フラッシュのゲームの掲示板には、

「本当に憎しみを込めるならもっとグロくできたはずだ。そのデフォルメ具合から、話題性を選んだように思える」
「面白い!! 続編でもっと必殺技増やして欲しいです。お願いします」

と、ゲームを批判する声はあまりみられないが、やはり「不謹慎」との批判があったのか、元々ゲームが公開されていたサイトは6月20日正午時点では削除されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中