美女のキスが少年を救ったニュース 「出来過ぎでは!?」とネットで話題

印刷

   16歳の少年がナイフを手に歩道橋に登り「死んでやる」と叫んだ。警察と消防隊が出動し人だかりで混乱するなか、突然19歳の女性が現れ、少年に口づけをして自殺をやめさせた。そんなニュースが中国で流れると、心温まる出来事だと喝采が起こり、少女は中国で大変な人気になっているという。

   このニュースは日本でも話題になった。美談として受け止められ「オレもキスをされたい」などと盛り上がっているが、ネットでは、中国で発信されるニュースについては、かつての「段ボール入り肉まん」や「イケメン過ぎるホームレス」での騒動が記憶に新しいとして、話ができすぎなのではないか、などと感じている人も多い。

母性愛に飢えた少年を救出したと人民網

   人民網日本語版の2011年6月22日付は

「自殺未遂の少年を見知らぬ美女の『キス』が救う」

という見出しを掲げ話題の女性を紹介している。名前は劉文秀さんで、深センの景田匯邦大班ホテルの従業員。事件のあった6月9日の午後3時ごろに親戚と一緒に買物をしていたところ、歩道橋の下に大勢の人が集まっていることに気が付いた。歩道橋には1人の少年がナイフを自分に向け、手すりの外に立ち「飛び降りて自殺する」と叫んでいた。

   劉さんは少年を助けるため、警察に自分は少年のガールフレンドだと嘘をつき少年に近づくことを許可された。少年と言葉を交わしているうちに、少年が家庭環境に悩み絶望していることを知った。劉さんは、実は自分も同じような境遇で育ち、絶望を味わったが頑張って生きてきたから少年も頑張って欲しいと語りかけ、2人は号泣した。そして劉さんは少年に口づけをした。人民網は「母性愛に飢えたこの少年を救出した」と書いている。

   この様子は中国のテレビニュースで紹介されていて、ネット上で見ることができる。劉さんが少年に口づけをすると、少年は驚いたように一瞬体が硬直。安心したのか口づけしたまま劉さんに抱きついた。無防備になったその時、消防隊が現れ少年を押さえ込んだ。

   このテレビニュースでは、劉さん自身がインタビューに応じ事件のあらましを説明。体を張って少年を自殺から救ったことについては、自分も自殺を考えたことがあるからで、自殺するのは愚かなことだということを知った、などと答えている。また、ホテルで働く劉さんの様子も紹介。事件後は劉さんを見ようとホテルを訪れる人も多いという。

「まるでマンガやライトノベル」との見方も

   日本でこのニュースは「見知らぬ美少女のキスで少年が救われた」というニュアンスで話題が広がり、ネットでは少年は羨ましすぎるとし

「オレも キッスしてほしい」「ちょっと中国で飛び降りてくる」「生きてるとイイ事あるかも知れませんね!」

などといったカキコミが掲示板やブログに溢れた。

   一方で、まるでマンガやライトノベルのように出来過ぎた話だ、とうがった見方をする人も結構いる。テレビの映像を見ると、警察や消防員の数がけっこういて、仮に少年が言葉通り飛び降りたとしても、歩道橋の下には安全を確保する分厚いマットが用意されている。そういう状況下で、警察がガールフレンドを名乗る見知らぬ女性に少年の説得を任せるわけがない、というのだ。

   また、テレビが劉さんについてドキュメンタリータッチのインタビューを行っていて、それに堂々と出演している姿に違和感がある、としている人もいる。

「中国が世界に対するイメージアップの戦略に使われているのではないか」

という感想もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中