三井住友トラストHD、「ラップ口座」1000億円

印刷

   三井住友トラスト・ホールディングスは、傘下の住友信託銀行と中央三井信託銀行が取り扱う「ラップ口座」の総額が2011年5月末までに1000億円を突破した。

   ラップ口座は、顧客が資産運用の大まかな方針を決めたうえで日ごろの運用は金融機関が代行する投資一任サービス。日本証券投資顧問協会によると、3月末時点の取扱高の首位は大和証券で2723億円。三井住友トラストは997億円(2行合算)の第2位で、野村証券の879億円を上回っていた。

   住友信託は4月から、「ファンドラップ」の契約期間が2年超の顧客について固定報酬率を契約当初の年率の70%に抑え、手数料を引き下げた。個人の富裕層向けの商品として引き続き力を入れていく。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中