政治や霞ヶ関の体質メッタ斬り 「改革派」キャリア官僚に「退職勧告」

印刷

   民主党政権の公務員改革が不十分だと主張して、事実上「閑職」に追いやられていた経済産業省のキャリア官僚・古賀茂明氏(55)=大臣官房付=に対して、松永和夫事務次官が正式に退職を求めていたことが明らかになった。何が同省の逆鱗に触れたのか。

   朝日新聞や毎日新聞が報じたところによると、松永和夫計算事務次官が2011年6月24日に古賀氏を呼び出し、7月に退職することを求めたという。このことは、6月25日未明にテレビ朝日系で放送された「朝まで生テレビ!」でも話題になっている。

「個別の人事については、お答えは差し控えたい」

   司会の田原総一朗氏が番組冒頭、出演していた古賀氏を向いて、

「今日肩たたきされたんだって?『やめろ』と」

と発言。古賀氏はこの問いには反応しなかったが、評論家の小沢遼子氏が、

「自分で辞めるのと辞めさせられるのとは、大違いよね?」

と述べると、右隣に座っていた古賀氏は小さくうなずき、退職勧告を否定しなかった。

   ただし、経産相の大臣官房秘書課では、古賀氏の人事について報じられていることは把握しているとしながらも、

「個別の人事については、お答えは差し控えたい」

と事実関係を認めていない。

   古賀氏は、東京大学法学部を卒業後、旧通産省に入省。産業再生機構執行役員、経済産業政策課長などを歴任し、08年に国会公務員制度改革推進本部事務局審議官に就任。天下りの規制強化や事務次官の廃止などを提案したが、霞ヶ関の猛反発で頓挫。09年末には審議官のポストを外され、事実上の閑職に追いやられた。この間、新聞・雑誌などで民主党政権の改革案の批判を続けたことで、波紋が広がっていった。

大連立の動きも痛烈に批判

   象徴的なのが、みんなの党の参考人として出席した10年10月15日の参院予算委員会での出来事だ。古賀氏は、

「現役で出ていけば問題ないというのは非常に不思議なロジック」

と、民主党の改革案では、現役官僚が独立行政法人に出向することを容認していることを批判。

   このやり取りを見ていた仙谷由人官房長官が発言を求め、

「古賀さんの上司として一言、先ほどのお話に私から話をさせていただきます」
「古賀さんをこういうところに、現時点での彼の職務、彼の行っている行政と関係のないこういう場に呼び出す。こういうやり方は甚だ彼の将来を傷つけると思います」

と述べた。このことが「恫喝」だとして、仙谷氏は批判を浴びることになった。

   その後も、古賀氏はテレビ番組に出演するなどして、霞ヶ関の体質を批判。5月20日に出版した著書「日本中枢の崩壊」(講談社)では、発電設備を送電網と切り離して経営する「発送電分離」を主張してもいた。

   それ以外にも、この著書では、

「『日本中枢』で国を支えているはずの官僚は、実はかくも信頼できないものでありながら、しかし自己保身と利権維持のための強固な連携力だけは備えている」

と、経産省にとどまらず、官僚全般を批判。さらに、

「危機感を煽って大増税が実施され、日本経済は奈落の底へと落ちていくだろう。そのための『救国大連立』の動きさえ表面化した。しかしこれは、『亡国大連立』にほかならないのだ。タイムリミットは、ねじれ国会を解消するための参議院議員選挙がある2013年、私はそう踏んでいる」

と、大連立の動きを痛烈に批判している。

   6月21日に東京・有楽町の日本外国特派員協会で行った講演では、自身の進退について

「『あなたのポストはない』と言われるのであれば、もう辞めるしかない。『もうすぐ、そう言われるかしれない』とは思っている」

と述べており、それが3日後に現実化した形だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中