Hey!Say!JUMPメンバーで発覚 「未成年者の喫煙」減ってないのか

印刷

   10人組男性アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」のメンバー(16)が未成年にもかかわらず喫煙していたことが分かり、無期限活動停止になった。規制が厳しくなっても、未成年者喫煙は減っていないのか。

   タバコをくゆらせながら、カメラ目線で不敵な笑みを浮かべて…。

女性誌に喫煙写真載り、無期限活動停止に

   「週刊女性」2011年6月28日発売号には、Hey!Say!JUMP最年少メンバーのこんな写真が大きく載っている。記事によると、メンバーが15歳だった10年5月に撮影された。

   さらに、ダメ押しのように、まだ14歳という10年1月に撮られた写真も紹介された。こちらは、吸っているところではないものの、タバコを指にはさみ、恍惚とした表情が写っている。芸能プロ関係者の話として、このメンバーは、昔からトイレや外などで堂々と吸っていたともいうのだ。

   その内容が伝わると、所属するジャニーズ事務所は発売前日の27日、このメンバーを無期限活動停止処分にすると発表した。事務所の調査に対し、本人が興味本位で過去に数回タバコを吸ったことがあると認めたという。これについて、事務所では、「いかに興味本位であったとはいえ、未成年者の喫煙が法律で禁止されていることは常識であり、許されない行為」とコメントしている。

   社会で禁煙の動きが進んでいるが、未成年者の喫煙はまだ減っていないのか。

   厚労省の生活習慣病対策室によると、統計を取り始めた1996年から4年ごとの調査のたびに未成年者喫煙は減少している。これは、学校で禁煙教育が行われるようになったことと、自販機の成人識別カード「タスポ」が08年に全国で導入されたことが大きいという。

補導されるケースは増加の兆し

   ただ、未成年者喫煙で補導されるケースは、警察庁の統計によると、タスポ導入後に減少したものの、その後は横ばいになっている。最近の新聞報道をみると、むしろ補導が増加の兆しと報じられている。

   それは、コンビニなどの対面販売のため違反行為が見えやすくなったこともあるが、アルバイト接客などから年齢確認が徹底されていないことも大きいという。また、大人が未成年者に売ったり、親が子どもに渡したりして検挙されるケースも相次いでおり、タスポ導入の効果は必ずしも上がっていない。

   Hey!Say!JUMPメンバーが喫煙に手を染めたきっかけは分からないが、同様な背景がある可能性はありそうだ。

   このメンバーがソロ活動するケースはほとんどなかったものの、グループには、活動停止の影響も出ている。8月7日からのショーは9人で行うことになり、ラジオのグループ出演番組では、急きょメンバーを変えて放送する事態になった。喫煙発覚のメンバーの脱退は発表されていないが、過去のケースからみて、グループ活動に復帰するのは難しいとみられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中